宝石直輸入・オリジナル&オーダーメイドジュエリー J.C.BAR

営業時間 10:30~19:00(水曜定休)

TEL:0120-806-206

会社概要アクセス

宝石の直接買い付け

どこよりも、いいものをお届けしたい。
タイを中心に世界中から買いつけています。

私たちは創業当初から、海外での直接買付けをしてきました。
それは、お客様に良いものをお求めやすくお届けするために、
ジュエリー製造の原点である宝石選びを他者に任せたくない、
自分の眼でチェックし、納得できるものだけを使いたいという気持ちが強いからです。
だから自分たちで産地に出向き、直接、買い付けています。
ストックしているルースは常時1000ピースほどあります。
希少な品種、人気のルースなども豊富に揃えています。
直輸入だからできる安心価格です。

タイ - バンコク・レポート

  • タイ・バンコクの直売所 タイ・バンコクの直売所 ルース

    タイ・バンコクの直売所。小さな袋に詰められたルースを取り出し、質の良いものだけを選んでいきます。社長はバンコクに通い続けてかれこれ30年。現地の宝石商との信頼関係も厚く、ジュエリーショーに出品する宝石を先行で売ってもらえることもあります。上質なルースを安価で仕入れられるのも、こうした地道な訪問と交渉の積み重ねがあるから。

  • 水色のルースの集合

    水色のルース

    パライバトルマリンは入手困難な石の一つ。大小様々なルースをまとめ買いすることで、割安に購入することができます。

  • ルース

    たくさんの原石の中で、宝石として認められるのはごくわずか。一粒、一粒、チェックし、色や透明度を調べていきます。これ!という原石を見つけたら、カットと研磨を依頼し、ルースに仕上げてもらいます。

スリランカ・レポート

スリランカは古くから宝石の採掘が行われてきた伝統的な産地。同じ採掘現場からひとつの宝石ではなく、スピネル、サファイア、ガーネット、クォーツなど、たくさんの種類が産出するのが特徴です。
今回は、輝きが強く、すっきりとした美しいスリランカ産ブルーサファイアを求めて訪れましたが、幸運な出会いもあり、1度の滞在でタイプの違う3つの採掘現場を訪れることが出来ました。中でも、普通は入ることを許されない井戸のような10m以上の深さの縦穴に入らせてもらった経験は忘れられません。高所恐怖症の僕が、恐る恐る降りた地下では、ポンプで組み上げた水や、滴り落ちる泥水が雨のように降ってきます。真っ暗な中一心不乱に原石を探し求める現地の人達と共に過ごしながら、綺麗な宝石との出会いは沢山の人達の努力なくしてはありえないと実感する事が出来ました。

  • スリランカ

    小高い丘から見渡す限り、スリランカの雄大な自然

  • スリランカ

    晴れ間は午前中の一瞬。あっという間に豪雨です。

  • スリランカ

    こうなったら、靴なんて履いていられません。現地の人を見習って裸足に!

  • スリランカ

    最初はおっかなびっくり。みんなにジロジロ見られる。

  • スリランカ

    そこ真っ暗ですけど、本当に入るの?

  • スリランカ

    一瞬のフラッシュで明るく見えるけど、本当は真っ暗な地下10m程の縦穴。

  • スリランカ

    降りる時はビクビクだったのに、戻ってきたらドヤ顔(笑)

  • スリランカ

    一日掘ってても綺麗なモノが取れない事も。これでも大きくて綺麗な方。

  • スリランカ

    畑みたいだけど、立派な採掘現場。これが露天掘り。

  • スリランカ

    ところ変わってラトゥナプラの街中。石ころから宝石品質までありとあらゆるモノが取引されています。

  • スリランカ

    大きいですが、透き通っていたりと宝石の要素を持っています。置物にいかが?

  • スリランカ

    例え外でも、原チャリの上でも、あちこちで宝石の取引が行われています。

  • スリランカ

    スピネルが沢山持ち込まれたのが印象的。

  • スリランカ

    お兄さん、古典的な道具で大きな石を一生懸命カボションカットにしています。

  • スリランカ

    こちらは、現代的な道具を使って。それでも年季入っています。

  • スリランカ

    カットしていなくても綺麗な宝石の原石。でも、もちろんここからカットします。

  • スリランカ

    磨いていなくても強い光を当てて善し悪しを見極めます。

  • スリランカ

    こちらは研磨後のルース。

  • スリランカ

    散歩していて、普通にこんなのがいるのがスリランカらしいですね。

  • スリランカ

    前半と全く規模が異なる大規模採鉱の現場。お!KOMATSU!

  • スリランカ

    一度足を取られたらズブズブ行ってしまう粘土っぽい土。

  • スリランカ

    掘って、水でジャブジャブ流して、選別していくのでその先には大きな池が出来ています。

  • スリランカ

    腰をツイストして水の中で泥を落とす人たち。

  • スリランカ

    すくっては、チェックして、すくってはチェックしての繰り返し。

  • スリランカ

    選別した中からさらに、さらに、これからより分けていきます。

  • スリランカ

    こうして、苦労して集められたガーネットの原石。ラズベリーのキャンディみたいだけど。

  • スリランカ

    こちらは、スリランカ産サファイアの原石。

  • スリランカ

    スリランカを代表する宝石サファイア。宝石自体がないわけではく、その中でも自分が美しいと感じお客様にオススメ出来る石には滅多に出会えないという事を実感しました。

香港ジュエリーショー・レポート

アジアで最も大きな宝飾品の展示会が開催されるのが香港。来場者数は勿論大いのですが、出店者もバイヤーも、様々な国から訪れていています。会場は何日かけて歩いても全てを見尽くすことはなかなか出来ない程広く、方向音痴でなくとも迷ってしまいまう事があります。
会場では、日頃お世話になっている世界の宝石商の方々と会って情報交換したり、次々に目に飛び込んで来る刺激を受けてインスピレーションが浮かんだりと、国内のショーとはまた違った感覚を体験出来ます。また世界を相手に発信している日本の仲間や企業も多く、これからの展開が楽しみになることも多い街です。

  • 香港ジュエリーショー

    趣向がこらされた華やかなオブジェは毎回の楽しみ。

  • 香港ジュエリーショー

    眠い目を覚ましてくれた大きな獅子舞!色が派手!

  • 香港ジュエリーショー

    こんなにあっても本当に良い珊瑚にはなかなか出会えません。

  • 香港ジュエリーショー

    訪れる度に様変わりしていく香港。パワーを感じます。

  • 香港ジュエリーショー

    何日も歩き回ってもまだまだ続く香港ショーの会場

  • 香港ジュエリーショー

    デザイン傾向は違っても、香港のパワフルな刺激がふとアイデアに繋がることも。

  • 香港ジュエリーショー

    どんどん進化する世界のジュエリー制作の現場

  • 香港ジュエリーショー

    香港の街をバックにJ.C.BARオリジナルウォッチをご紹介!

  • 香港ジュエリーショー

    こじんまりから、二階建てのお店のようなブースまであり!

  • 香港ジュエリーショー

    出張の疲れも吹き飛ぶ香港の夜景

  • 香港ジュエリーショー

    海外製作分の現場。ちゃんと伝わってるかな。。。

  • 香港ジュエリーショー

    ケタケタケタと不思議な音で響く香港の信号が耳に蘇ります。

  • 香港ジュエリーショー

    結構地味な作業をしたりします。

  • 香港ジュエリーショー

    スターフェリーから一枚。毎回撮らずにはいられない美しさです。

  • 香港ジュエリーショー

    機械化が進んでも手仕事は欠かせません。

  • 香港ジュエリーショー

    帰路を見送ってくれるように輝く巨大な香港コンベンションセンター。

直輸入宝石(ルース)コレクション

J.C.BARの想いへ戻る